2011年06月11日

147. 名所江戸百景78 王子稲荷の社

名所江戸百景シリーズの第77弾、今回は、王子稲荷の社である。

王子稲荷の社.jpg

この絵は、王子稲荷の社左後方から参道入口方面、北東を望んだものである。筑波山が見えている。

王子稲荷は、創建年こそ不明だが、源頼義が陸奥守として赴任する際、ここ王子稲荷に戦勝を祈願したというから、永承6年(1051年)には既に在ったことになる。尚、単なる赴任に戦勝祈願は要らない。頼義は、後に前九年の役と呼ばれる戦の為に赴任したのだ。

この時、頼義は、ここ王子稲荷を関東稲荷総司とした。この時の関東とは東国33国を指す。が、江戸に入り、寛政の改革で行政干渉があり、関八州(関東)の総社の位置付けに格下げされてしまった。

それにしても、ここ王子は源氏と所縁がある土地だ。

約100年後には、頼朝が松橋(金剛寺周辺)を訪れている。

頼義は陸奥守に任じられた時、相模守だった。頼朝は『王子瀧の川』で既述のようにここ王子から鎌倉に向かった。

ふと、疑問に思う。鎌倉や相模の国から奥州に向かうなら、東海道を日本橋を経由して、浅草橋、千住を抜ける奥州道中ではないのか。何故、王子なのか・・・

今一度考えると、奥州道中は江戸時代の街道。頼義や頼朝は平安後期、鎌倉の時代である。
『いざ鎌倉』で、御家人たちが有事に鎌倉に向かった道、鎌倉街道は、多摩川からだと、

厚木街道→(二子玉川)→玉川通り→R246→(駒沢)→(三軒茶屋)→(渋谷)→明治通り→(原宿)→(千駄ヶ谷)→(新宿)→(東池袋)→(西巣鴨)→(紅葉橋)→(東十条)→(赤羽)→北本通り→(川口)

と、いうルートである。川口から宇都宮までは江戸時代の御成道と同じ、宇都宮から陸奥へは奥州道中と重なる。だから、ここ王子だったのだ。

では何故鎌倉街道は東海道と同じルートではなかったのか。

鎌倉街道と東海道を地形図に乗せた地図

鎌倉街道と東海道.JPG

もちろん南を走っているのが東海道。これを見て分かるように、埋立てが全く行われていなかった鎌倉時代は、東海道は海、あるいは湿地帯だったと思われる。

話を元に戻して、王子稲荷周辺の安政5年(1858年)の地図

王子稲荷の社.JPG

現在の地図


より大きな地図で 王子稲荷の社 を表示

そこでの写真

cameraroll-1307162078.795400.jpeg王子稲荷の社.jpg

パーフェクト!

以上
posted by Yogi at 11:44| 東京 ☔| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

146. 名所江戸百景77 王子瀧の川

名所江戸百景シリーズの第77弾、今回は、王子瀧の川である。

王子瀧の川.jpg

この絵は、滝野川(石神井川)の上流側から、岩屋弁天、金剛寺、弁天滝、松橋と、美しい紅葉を俯瞰したものである。

この辺りは滝野川松橋と言い、治承4年(1180年)、源頼朝が石橋山の戦いに敗れ房総に逃れた後、上総広常と千葉常胤の支持を受け房総半島を北上、武蔵国に入ると、葛西清重、足立遠元に加え、一度は敵対した畠山重忠、河越重頼、江戸重長らも従え、かつて父義朝と兄義平の住んだ鎌倉へ入らんと陣を張った場所と言う。

このように、坂東(関東)の各豪族が、頼朝の挙兵に参じたのは、父 義朝の時代の縁故の為だ。

義朝は京で生まれたが、幼少の頃に東国に下向し、上総介氏等の庇護を受け同地で成長、父・為義が安房の丸御厨を伝領していたことからその地に移住し、その後安西氏、三浦氏、上総介氏の連携の下に義朝は安房から上総に移り上総介家の後見を受けるようになった。その後、勢力を伸ばし、坂東の有力な在地豪族を傘下に収める。

安政5年(1858年)の地図

王子不動之滝.JPG

石神井川沿いに、岩屋弁天、金剛寺が見える。

現在の地図


より大きな地図で 王子瀧の川 を表示

そこでの写真

cameraroll-1307162081.436306.jpeg王子瀧の川.jpg

右上に屋根が少し見えているのが金剛寺、石神井川が、両岸が高く切り立っていたことが伺える。

ところで、お気付きだろうか? 石神井川は水が綺麗だ。

以上
posted by Yogi at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

145. 名所江戸百景76 王子不動之滝

名所江戸百景シリーズの第76弾、今回は、王子不動之滝である。

王子不動之滝.jpg

この絵は、滝が多く滝野川と呼ばれた石神井川の不動滝を描いたものである。江戸の郊外に位置する王子、夏、ここに涼みに来る人が多かったのだろう、滝浴みをする人、御茶を出す人などが見える。それにしても華厳の滝並みの迫力ある滝だ。

室町時代、大和国に学仙坊という不動尊の祈祷を修行する僧侶が、霊夢を見て東国の滝野川の地を訪れ、庵をむすんで正受院を草創した。この年の秋、石神井川が増水したが、水の引いた川から不動の霊像をすくいあげた。学仙坊は、これを不動尊修法の感得した証と喜び、滝の傍に安置した。この滝が不動の滝と呼ばれる由縁である。

安政5年(1858年)の地図

王子不動之滝.JPG

江戸も王子の辺りになるとかなりの郊外だった為、地図もいい加減である。かろうじて、ランドマークは拾える。飛鳥山、王子権現(神社)、金剛寺が見える。

現在の地図


より大きな地図で 王子不動之滝 を表示

金剛寺の脇にある紅葉橋から石神井川北岸を石神井川沿いに東に向かい王子神社に続いている道は、古地図にも見える。この道は江戸からある古道であろう。

赤ポイントが不動滝推定位置、正受院の裏手、石神井川南岸にあった。広重は、対岸となる北岸に立ち、描いたものと思われる。

そこでの写真

cameraroll-1307162084.383236.jpeg王子不動之滝.jpg

滝は勿論無い。コンクリート護岸で味も素気も無い。が、崖の感じは伺える。

以上
posted by Yogi at 09:26| 東京 🌁| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。