2011年09月11日

江戸川区(葛飾)の歴史A弥生時代

弥生時代は、BC300年〜紀元後300年頃のことを言う。約600年間と、縄文時代の11,700年間に比べると随分短い。
縄文海進のピークは約6,000年前。弥生の頃には、徐々に海も引き、川や海が運んだ土砂により微高地が形成され、下総台地や本郷台地から人々も移動してきて、葛飾でも人々の営みが再開した。

さて、葛飾区と江戸川区には、合計6つの弥生時代遺跡がある。

[葛飾区]

・遺跡番号1: 水元飯塚
 低地微高地 包蔵地
 [弥][奈][平]

・遺跡番号4: 古録天東
 低地微高地 集落 77,200u [古]住居 [奈][平]住居 生産遺構
 [弥][古][奈][平][中]

・遺跡番号8: 御殿山・葛西城址
 低地微高地 集落・城館 [古]住居 ピット 土坑 溝
 [中]掘立柱建物 土坑 ピット 井戸 溝 堀 [近]水田 都史−葛西城跡
 [弥][古][奈][平][中][近]

[江戸川区]

・遺跡番号1: 上小岩
 集落跡
 弥生〜近世

・遺跡番号9: 勢増山
 包蔵地
 弥生?

・遺跡番号10: 椿町
 包蔵地
 弥生?

地図を見てみよう。

[葛飾 弥生時代 遺跡地図]


より大きな地図で 葛飾 弥生時代 遺跡地図 を表示

全体に、中川放水路より東側に固まっているのと、川沿いに立地しているのが特徴だ。
川沿い立地は、川が運ぶ土砂により微高地が形成されることが原因であろう。海は引いたとはいえ、地盤は軟弱だろうし、洪水を考えれば、少しでも高い方が良い。
中川放水路より東側の理由は何か。地形図を見ると分かる。

[葛飾 弥生時代遺跡 地形図]

地形図_弥生時代遺跡.JPG

中川放水路より東側の方が、若干ではあるが、海抜が高い。東京低地は、地盤沈下の影響が大きいので何とも言い難いが、下総台地に近い東側の方が、その張り出しの影響を受け、海抜が高いのかもしれない。

それでは現場視察に出掛けよう。何かしら痕跡があるのは、江戸川区の上小岩遺跡だけである。

[江戸川区 上小岩遺跡]

IMG_0724.JPG

cameraroll-1312688825.379595.jpeg

現場に何か残っているわけではないが、モニュメントや区の解説板などがある。この遺跡は、1952年に、中学生が、自宅裏の用水から土器片を見付け、担任の先生に報告したことがキッカケとなり発掘された。先生が、面倒がらずに、生徒のピュアな訴えに、真摯に対応したのだろう。

又、郷土資料室には、 上小岩遺跡と椿町遺跡の出土品が展示されていた。

[上小岩遺跡 出土品]

cameraroll-1312688806.824223.jpeg

cameraroll-1312688809.606975.jpeg

古墳時代前期のものかもしれないが、載せておく。最後の土器は、S型口縁台付カメといい、東海地方にしか見られないもので、ということは、当時から、地域間の交流があったということだ。ロマンである。

[椿町遺跡 出土品]

cameraroll-1312688812.440038.jpeg

紋様が確認できるが、縄で付けた跡ではない。木の棒のようなもので付けられた紋様のようだ。弥生時代の特徴。

再開した葛飾での人々の営み。狩猟と漁業中心の縄文時代から、大陸からの渡来人がもたらした技術や道具により、農耕中心の弥生時代に移行し、人々は定住し、コミュニティも大きくなった。東海地方との交流もあったようで、なんだか嬉しい。

次回は、古墳時代。

以上
posted by Yogi at 23:45| 東京 ☀| Comment(0) | 町・村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。