2011年06月17日

149. 名所江戸百景80 赤坂桐畑・赤坂桐畑雨中夕けい

名所江戸百景シリーズの第80弾、今回は、赤坂桐畑と赤坂桐畑雨中夕けいの2景である。

赤坂桐畑

赤坂桐畑.jpg

赤坂桐畑雨中夕けい

赤坂桐畑雨中夕けい.jpg

両方共、溜池の西岸に立ち、東側、溜池を望んだ絵である。

桐畑の方は南の方、虎御門方面を、雨中夕けいの方は北の方、赤坂御門方面を望んでいる。

桐畑の方は、広重得意のアップで桐を据えた構図で、溜池の青い水面と画面左側の山王の山の緑が美しい。雨中夕けいの方は、二代広重の作品だが、鳥瞰構図で、赤坂御門に向かう坂道と奥には紀伊殿上屋敷内の森が見える。

松平美濃守下屋敷と溜池の間の敷地、ここには、溜池の土手の地盤強化の為、桐が植えられ、桐畑と呼ばれた。

古くから桐は鳳凰の止まる木として神聖視されており、日本でも嵯峨天皇の頃から「菊の御紋」に次ぐ高貴な紋章とされた。また中世以降は武家が望んだ家紋としても有名で、豊臣秀吉などもこれを天皇から賜っている。この紋章、そう言えば、「江」で見た気がする。以降、五七桐は「政権担当者の紋章」という認識が定着することになった。

関ヶ原の戦いで徳川側についた黒田氏は、戦い後、52万石を与られ、末は、松平姓を冠することを許され、福岡筑前藩主 松平美濃守となった。だから、桐だったのか。

安政5年(1858年)の地図

赤坂桐畑・赤坂桐畑雨中夕けい.JPG

今はもう埋め立てられ無い溜池、溜池の西側には松平美濃守下屋敷、溜池と下屋敷の間に、『桐畑ト云』の文字が見える。

現在の地図


より大きな地図で 赤坂桐畑・雨中夕けい を表示

ブルーで溜池跡を囲ってみた。溜池の南側のブルーラインは水路。パープルラインは松平美濃守下屋敷。青山通り、都道413号等、良く見ると、殆ど道はそのまま残っている。

そこでの写真

赤坂桐畑

cameraroll-1308135176.930025.jpeg赤坂桐畑.jpg

街路樹を桐に見立てて。ここ、写真には上手く表現できていないが、外堀通りが奥に行くに従い左にカーブしている様子、山王さんの山等、非常に雰囲気が残っている。外堀通りを溜池と思って今一度よくよく見ていただきたい。

赤坂桐畑雨中夕けい

cameraroll-1308135174.020089.jpeg赤坂桐畑雨中夕けい.jpg

本当にここは年中工事をやってて見苦しい。が、ここも雰囲気は残っている。びっくりするのが、写真では小さくなってしまいわかりづらいが、赤坂御門に向かう坂道の奥にある森だ。今も、大久保公哀悼碑がある公園の森が同じ場所に見えている。

最後に、山王日枝神社の参道鳥居

cameraroll-1308135170.165945.jpeg

以上
posted by Yogi at 22:44| 東京 ☁| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。