2011年06月04日

144. 名所江戸百景75 品川すさき

名所江戸百景シリーズの第75弾、今回は、品川すさきである。

品川すさき.jpg

目黒川が運んだ砂が堆積して出来た洲、形状が岬状になっているので『洲崎』。この絵は、その洲崎に立つ弁天を陸地側の高台から俯瞰したものである。

ここ品川は、古くから港として栄えた。律令時代には武蔵国の国府津だったという説もある。品川は、大国魂神社と品川道で接続されている。

画面左下に見える料亭風の建物は、土蔵相模と言われた相模屋と言われている。品川宿で最も有名な飯売旅籠屋だった相模屋。外壁が土蔵のような海鼠壁だったので土蔵相模と呼ばれた。

文久2年(1862年)、品川御殿山のイギリス公使館焼き討ち事件の首謀者、高杉晋作や久坂玄瑞らが謀議をこらしたもこの相模屋、桜田門外の変でも、当日、浪士たちが出発した旅籠屋だ。

安政5年(1858年)の地図

品川すさき.JPG

東海道が南北に走っていて、目黒川の河口に洲崎があり、先端に弁天がある。

現在の地図


より大きな地図で 品川すさき を表示

ブルーラインが目黒川の跡、その右側の黒いラインが洲(猟師町)跡である。この右側は海だった。洲崎弁天、現在の利田神社と土蔵相模跡に赤ポイントを立てた。グリーンは広重の推定立ち位置と視線である。

そこでの写真

cameraroll-1307111256.992032.jpeg品川すさき.jpg

広重推定立ち位置に立つとビルで全く洲崎弁天が見えない。そこで、神社手前の交番辺りから撮った。残念な風景となってしまっている。

最後に、土蔵相模跡

cameraroll-1307111261.182998.jpeg

以上
posted by Yogi at 22:40| 東京 ☀| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。