2011年06月03日

143. 名所江戸百景74 南品川鮫洲海岸

名所江戸百景シリーズの第75弾、今回は、南品川鮫洲海岸である。

南品川鮫洲海岸.jpg

画面右上に筑波山と、その左には日光連山が見える。この絵は、鮫洲海岸沖合から、筑波山、日光連山といった北方の山並、海岸沿いに走る東海道と、第一の宿場、品川宿、品川浦での海苔の養殖の様子を鳥瞰したものである。

1251年、品川の漁師の網に掛かった鮫の腹を割いたところ、木造の観音像が出て来たという。この観音像をご本尊に開かれた寺が海晏寺である。いつしか、門前の地を鮫洲と呼ぶようになった。

明治13年(1880年)の地図

南品川鮫洲海岸.JPG

ここ鮫洲は江戸切絵図から外れている。だから明治13年の地図。

真ん中を南北に走っている道が東海道、その東側は海、品川浦である。真ん中に海雲寺と海晏寺が見える。この辺りが鮫洲海岸だ。

現在の地図


より大きな地図で 南品川鮫洲海岸 を表示

東海道も残っているし池上通も残っている。海雲寺と海晏寺もそのままだ。

そこでの写真

cameraroll-1307111270.946619.jpeg南品川鮫洲海岸.jpg

広重の推定立ち位置に立てたとしても、鳥瞰は出来ない。なので、東海道を撮った。このすぐ右側が海岸だった。

海晏寺

cameraroll-1307111274.911325.jpeg

参道はR15によって分断されている。

以上
posted by Yogi at 23:41| 東京 ☀| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。