2011年05月22日

141. 名所江戸百景72 四ツ木通用水引ふね

名所江戸百景シリーズの第72弾、今回は、四ツ木通用水引ふねである。

四ツ木通用水引ふね.jpg

この曳舟は、篠原村から亀有村の間で行われていた。遠くに筑波山が見えるから、篠原村から亀有方面を望んだ絵である。

『篠原』とはどの辺りのことであろうか。現在の地図を、曳舟川沿いに見ても地名が残っていない。

明治13年(1880年)の地図

四ツ木通用水引ふね2.JPG

真ん中に『篠原村』を配置した。左上から右下に流れる川は綾瀬川、左下から右上に流れるのが曳舟川である。その合流点の北川が篠原村である。

安政5年(1858年)の地図

四ツ木通用水引ふね.JPG

西光寺の北で曳舟川に合流と言うか、沿って流れているのは中井掘である。

現在の地図


より大きな地図で 四ツ木通用水引ふね を表示

曳舟川は曳舟川通りという道路となり、中井掘も道路になっている。白髭神社と西光寺は当時のまま残っている。黒い線で表したのは古代東海道である。安政5年の地図には認められないが明治13年の地図にははっきりとそれが認められている。

そこでの写真

cameraroll-1305944946.335893.jpeg四ツ木通用水引ふね.jpg

曳舟川は所々親水公園になっている。それを撮った。

しかし、地図を見ても分かる通り、曳舟川は真っ直ぐである。広重の絵のように蛇行していない。が、蛇行している方が素敵だ。

以上
posted by Yogi at 10:14| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。