2011年04月28日

139. 名所江戸百景70 高輪うしまち

名所江戸百景シリーズの第70弾、今回は、高輪うしまちである。

高輪うしまち.jpg

海は品川湾、虹とお台場も見えている。手前には、牛車の車輪がクローズアップで、広重お得意の構図である。

江戸時代、牛車は京都・駿府・江戸・仙台・箱館などの限定した都市でしか使用されておらず、馬車の営業は明治時代に入ってから。人力による荷車輸送も全国的な展開はなく、西欧社会に比べて車両交通の未発達は江戸時代の特色になっている。江戸における牛車利用は、寛永11年(1634年)、増上寺安国殿を普請するにあたり京都から牛持ち人足を呼び、木材や石材の運搬にあたらせたことに始まる。この牛は江戸城の拡張にも用いられ、これらの工事が完了すると、牛持ち人足は江戸に定住し、車町(牛町)が作られていった。それ以来、江戸では牛車による荷物の運搬が行われ、牛は山王祭や神田祭にも使われるようになった。

安政5年(1858年)の地図

高輪うしまち.JPG

東海道は海沿いだった。『車町』の文字が見えるが、広重はここから東を望んだのである。ここ高輪のランドマーク、泉岳寺、高輪大木戸も確認できる。

現在の地図


より大きな地図で 高輪うしまち を表示

ブルーポイントで泉岳寺、高輪大木戸をポイントした。赤ポイントは広重推定立ち位置、赤ラインは推定視線。しかし、海は遥か彼方だ。

そこでの写真

cameraroll-1303984497.895348.jpeg高輪うしまち.jpg

悲し過ぎる。

悲しいので海まで歩くことに。

途中、高輪名物高さ制限1.5mのトンネル

cameraroll-1303984494.430219.jpeg

歩いて20分、ようやく到着。

cameraroll-1303984490.571800.jpeg高輪うしまち.jpg

お台場が見える。

戻り、高輪大木戸

cameraroll-1303984500.753177.jpeg

最後に、他の絵

江戸名所図会 高輪牛町

高輪牛町.jpg

東都三十六景 高輪海岸

東都三十六景 高輪海岸.jpg

惺々暁斎 東海道 高縄牛ご屋

東海道 高縄牛ご屋.jpg

以上
posted by Yogi at 20:57| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。