2011年04月18日

134. 名所江戸百景65 吾妻橋金龍山遠望

名所江戸百景シリーズの第65弾、今回は、吾妻橋金龍山遠望である。

吾妻橋金龍山遠望.jpg

この絵は、隅田川の吾妻橋、浅草寺の少し上流に浮かぶ船上から、浅草寺、吾妻橋、富士山を望んだ絵である。季節は春。桜の花びらが、桜吹雪のごとく舞っている。舟の女性といい、何とも風流な絵である。

桜吹雪の舞う向きを考えると、この桜は隅田川東岸の隅田公園の桜であろう。この隅田川東岸の墨堤の桜は、八代将軍徳川吉宗が植えた桜である。

安政5年(1858年)の地図

吾妻橋金龍山遠望.JPG

左下に浅草寺、その右に架かる橋は東(吾妻)橋、その上流で合流する川は北十間川、その北に水戸殿下屋敷、更にその北に三囲神社、牛嶋神社、長命寺、弘福寺が見える。

水戸殿下屋敷から長命寺まで続く、隅田川東岸の緑の部分が吉宗が桜を植えた堤である。

現在の地図


より大きな地図で 吾妻橋金龍山遠望 を表示

ブルーポイントが広重推定立ち位置、ブルーラインは推定視線、赤ポイントで、浅草寺、三囲神社、弘福寺、長命寺をポイントした。黒ラインは吾妻橋。浅草寺、三囲神社、弘福寺、長命寺は安政5年(1858年)のまま変わらない。牛嶋神社は南に、隅田公園内に移設されている。

そこでの写真

cameraroll-1303028949.126407.jpeg吾妻橋金龍山遠望.jpg

ちょうどよく船が通ってくれたものの、富士山も、浅草寺も全く見えない。吾妻橋は東武伊勢崎線の橋で隠れている。ほんの少し見えているが。桜も、吹雪が舞うほどには残っていなかった。

しかし、残念である。

吾妻橋は他にも描かれている。

東都名所 隅田川八景 吾妻橋帰帆

東都名所 隅田川八景 吾妻橋帰帆.jpg

鳥居清長 吾妻橋下の舟遊び

鳥居清長 吾妻橋下の舟遊び.jpg

以上
posted by Yogi at 21:20| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。