2011年02月26日

117. 名所江戸百景48 山下町日比谷外さくら田

名所江戸百景シリーズの第48弾、今回は、山下町日比谷外さくら田である。

山下町日比谷外さくら田.jpg

この絵は、外堀の山下御門の辺り、山下町から、堀越しに松平肥前の屋敷の赤門を眺めたものである。堀のブルー、塀の白、門の赤のトリコロール・コントラストが美しい。時期は正月か。羽子板と凧が見える。

安政5年(1858年)の地図

山下町日比谷外さくら田・霞がせき.JPG

右下に山下御門を配置した。そのすぐ右に『山下町』が見える。ちょうどこの辺りから、山下御門が左に見切れるフレームで、松平肥前守の赤門を眺めたのであろう。すると、フレーム右に、確かに堀が入る。

現在の地図


より大きな地図で 山下町日比谷外さくら田 を表示

ブルー・ポイントが山下御門推定跡地、ブルー・ラインは堀推定跡地、赤ポイントが松平肥前守屋敷赤門、グリーン・ポイントが広重推定立ち位置、グリーン・ラインが推定視線向きである。

山下町は泰明小学校になっている。外堀は首都高速、堀は道に、松平肥前守屋敷は日比谷公園に。しかし、日比谷公園の日比谷門が、ちょうど、嘗ての赤門の辺りではないか。

そこでの写真

IMG_0421.JPG山下町日比谷外さくら田.jpg

推定立ち位置だとあまりによろしくない構図なので、山下御門の真南で撮った。手前に首都高速、その後ろに新幹線と、雑然としているが、堀跡である奥に続く道が窓の向こうの景色のようで、写真としては面白い。

山下橋説明板

IMG_0420.JPG

以上
posted by Yogi at 14:57| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。