2011年02月19日

113. 名所江戸百景44 芝神明増上寺

名所江戸百景シリーズの第44弾、今回は、芝神明増上寺である。

芝神明増上寺.jpg

この絵は、東海道にある増上寺の参道入口付近から、増上寺の大門と芝神明宮を捕えたものである。

芝神明宮は、神明なので御祭神は、天照大御神と豊受大神。御鎮座は平安時代、寛弘二年(1005年)一条天皇の御代に創建された古社。鎌倉時代においては、源頼朝より篤い信仰の下、社地の寄贈を受け、江戸時代においては、徳川幕府の篤い保護の下、社頭はにぎわい大江戸の大産土神として関東一円の庶民信仰を集め、「関東のお伊勢さま」として数多くの人々の崇敬を集めた。

安政5年(1858年)の地図

芝神明増上寺.JPG

地図ほぼ真ん中に『表門』として描かれているのが大門である。そのすぐ北に飯倉神明社、現在の芝大神宮がある。神明丁、濱松丁一、二丁メ、三丁メ、四丁メと書かれているのが東海道だ。

現在の地図


より大きな地図で 芝神明増上寺 を表示

現在の第一京浜はかつての東海道、北のブルー・ポイントが芝神明宮、西が大門。赤いポイントが広重の推定立ち位置、赤いラインが広重の推定視線向きである。

そこでの写真

IMG_0397.JPG芝神明増上寺.jpg

ビルで芝大神宮は全く見えない。が、その代わり、東京タワーと六本木ヒルズが大門の向こうに見えた。又、写真も雰囲気が出ている。

芝神明宮は名所だったらしくたくさん描かれている。

まずは広重

新撰江戸名所芝神明宮ノ図

新撰江戸名所芝神明宮ノ図.jpg

江戸自慢三十六興 芝神明生姜市

江戸自慢三十六興 芝神明生姜市.jpg

東都旧跡尽 芝神明宮由来

東都旧跡尽_芝神明宮由来.jpg

東都名所 芝神明増上寺全図

東都名所 芝神明増上寺全図.jpg

その他

英泉_東都名所尽 芝神明宮祭礼 生姜市之景

英泉_東都名所尽 芝神明宮祭礼 生姜市之景.jpg

北斎_正面祭礼図

北斎_正面祭礼図.jpg

最後に江戸名所図会

飯倉神明宮.gif

飯倉神明宮 其の二.gif

以上
posted by Yogi at 14:31| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。