2011年02月05日

97. 名所江戸百景28 日本橋雪晴

名所江戸百景シリーズの第28弾、今回は、日本橋雪晴である。

日本橋雪晴.jpg

この絵は、富士山が見ているから、日本橋の東側から西側を俯瞰したものである。日本橋の向こうに見えるのは、一石橋だ。手前は長濱丁。

安政5年(1858年)の地図

日本橋雪晴.JPG

この地図を見ると、ちょうど、長濱丁の辺りの日本橋川北岸からの構図であろう。

現在の地図


より大きな地図で 日本橋雪晴 を表示

ブルー・ポイントが広重の推定立ち位置、赤いラインが視点向きなのだが、こうしてみると一石橋は視界に入らないか。

ブルー・ポイントから撮った写真

IMG_0303.JPG日本橋雪晴.jpg

あまり美しい写真ではない。日本橋の手前には工事の船舶があり、手前の木も邪魔だ。敷地の金網も美しくない。が、それらしい場所で且つ写真が撮れる場所はここしか無かった。鎧の渡し小網町でも登場した遊覧船が通ったことが唯一の救いか。

もちろん、江戸名所図会にも描かれていた。

日本橋.gif

広重は江戸名所図絵とほぼ同じ視点で描いていた。江戸名所図会の方が写実的なので、一石橋は描かれていないということか。

広重のその他の作品

広重の東海道五十三次

東海道五十三次 日本橋 朝の景.jpg

銀世界十二景 日本橋

銀世界十二景 日本橋.jpg

江都名所 日本橋 雪の朝

江都名所 日本橋 雪の朝.jpg

東都名所 日本橋の白雨

東都名所 日本橋の白雨.jpg

それにしても相当描いている。全ての絵で、当時、相当な賑わいを見せていたことが分かる。今も賑わっているが、当時は本当に江戸一番の繁華街だったのだろう。

以上
posted by Yogi at 22:29| Comment(2) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、葛飾の断腸亭と申します。
検索で、広重の風景画のことを調べてみたら、貴兄のページに辿り着きました。
私も自転車が好きで、あちこち走り回っておりますが、貴兄のアプローチと興味の持たれ方が何となく似通っているように感じて、大変嬉しくなりました。
それにしても、広重のポイントを探る方法と歴史的な知識の深さには脱帽です。
これから頻繁に拝読させていただきます。
よろしくお願いします。
Posted by 断腸亭 at 2011年02月06日 06:44
断腸亭様
ご丁寧な、又、励みになるコメントありがとうございました。
自転車で回れる近所の歴史発見をテーマに、まず、近所の旧街道巡りから始め、村・集落、用水・堀・川(跡)と、一通り回ったので、最近は広重です。
広重と同じ立ち位置、視点向きでの今の風景を撮る、それに拘って続けています。
よろしければ、お時間のある時に再訪してください。
Posted by yogi at 2011年02月07日 22:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。