2011年01月30日

92. 名所江戸百景23 みつまたわかれの淵

名所江戸百景シリーズの第二十三弾、今回は、みつまたわかれの淵である。

みつまたわかれの淵.jpg

ここに描かれている川は隅田川である。『みつまた』とは、本流の隅田川、小名木川、箱崎川のことを指す。又、『わかれ』とは、海水と淡水の分かれ目であることを指している。

安政5年(1858年)の地図を見てみよう。

みつまたわかれの淵.JPG

南北に流れる大きな川が隅田川、北に新大橋、南に永代橋が掛っているのが見える。東から流れる川が小名木川(北側の川、南は仙台堀)。永代橋が掛っている土地、『田安殿』、『土井大炊』等と書かれたているこの土地が箱崎島で、本土・・・と言うと正確な言い方ではないかもしれないが、本土側とこの箱崎島との間を流れるのが箱崎川である。

広重の視点だが、富士山が見えることから東から西を見ていると思われる。と、いうことは、富士山の下に流れ出ている川は箱崎川、その左手、松が茂る建物は箱崎島の田安殿の屋敷と思われる。左右に流れる大河が隅田川で、ということは、小名木川から見た風景ということになる。

成田詣での帰り、小名木川を船で下ってきて、ようやく隅田川に着いた、楽しかった旅ももう終わりだ・・・という時の眺めである。

現在の地図


より大きな地図で みつまたわかれの淵 を表示

グリーンのラインが新大橋、それに続く黒いラインが嘗ての河岸線、黒い線で囲っているのが箱崎島、首都高が箱崎川である。だから、赤いポイントが広重の立ち位置、青いポイントが箱崎川のインレット、赤いラインが視点方向である。

現在の写真

IMG_0315.JPGみつまたわかれの淵.jpg

箱崎島の北側は埋め立てられ日本橋中洲という地域となっている。箱崎川も埋め立てられ首都高速になっている。みつまたはもう無い。

広重の絵をもう一度見て欲しい。隅田川の真ん中に緑の中州が見える。ここをベースに埋め立てたのが今の日本橋中洲である。

明治13年の地図

みつまたわかれの淵明治13年.JPG

箱崎島の北に中洲が見える。

江戸名所図会にも描かれた。

江戸名所図会 新大橋 三派

新大橋 三流.gif

広重は先に描かれていた江戸名所図絵とほぼ同じ視点で描いていた。

以上
posted by Yogi at 12:02| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。