2011年01月08日

83. 名所江戸百景L 柳しま

江戸名所百景シリーズの第十三弾、今回は柳しまである。

柳しま.jpg

手前の川は横十間川、奥の、横に流れているのは北十間川。後方には、筑波山である。橋の西岸にある建物は料理屋の橋本、その手前にあるのが法性寺である。

安政5年(1858年)の地図で見てみる。

柳しま.JPG

真ん中に法性寺を配置した。東西に流れるのが北十間川、南北が横十間川である。

現在の地図で見てみる。


より大きな地図で 無題 を表示

筑波山が描かれていることをベースに視点を想定したのがブルーのライン。しかし、これだと法性寺と橋本屋が手前で横十間川は奥になるはずだ。法性寺と橋本屋、横十間川の配置をベースにした想定視点は赤のラインである。筑波山は相当西にずらされて描かれたといえる。広重の絵では、西に向いた絵では富士山が、北に向いた絵では筑波山が多く描かれている。当時の江戸では本当に見えたのだと思う。こういうのを風光明媚というのだろう。

赤のラインの推定視点から写真を撮った。

写真1: 柳しま 広重推定視点

cameraroll-1301472504.213608.jpeg柳しま.jpg

法性寺は、柳島の妙見様と言われ、応元年(1492年)、法性房日遄上人によって開山された。本尊は久遠実成本師釈迦牟尼佛である。

写真2: 法性寺 妙見堂

IMG_0213.JPG

江戸名所図会にも描かれている。

柳嶋 妙見堂.gif

北の空の星は北極星を中心に回っている。だから、古代中国の思想では、北極星(北辰)は天帝と見なされた。これに仏教思想が流入して「菩薩」の名が付けられ、妙見菩薩と称するようになったという。

龍馬伝で龍馬が千葉周作の道場で修業し、北辰一刀流を会得したが、千葉氏は常胤の時代から妙見信仰していたので、『北辰』と付けたのである。

以上
posted by Yogi at 22:22| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。