2011年01月08日

80. 名所江戸百景I 逆井の渡し

江戸名所百景シリーズの第十弾、今回は、逆井のわたしである。

逆井のわたし.jpg

真ん中を流れるのは中川、中川の向こうに見える集落は逆井である。

明治13年の地図で見てみよう。

逆井のわたし.JPG

真ん中に南北に流れるのが中川。『中』の文字が見えると思う。西から流れるは竪川。竪川と中川の合流地点、中川の東岸部分に、新町という集落が見える。その北側には逆井村が見える。

竪川の北岸に竪川沿いに走っているのは佐倉道である。又、新町から北東に走っているのも佐倉道だ。

そう、逆井のわたしは、佐倉道の中川の渡しなのである。

中川口でも思ったが、何故中川口が『名所』なのか。
中川口は江戸名所百景より前に描かれた江戸名所図会でも名所として取り上げられていたので、納得がいった。鱚釣りの名所でもあったようだし。

が、逆井の渡しが何故名所なのか。江戸名所図会では取り上げられていない。その答えが佐倉道なのであろう。

現在の地図で示す。


より大きな地図で 逆井の渡し を表示

竪川は今もある。が、この地図では首都高速の下に隠れている。ブルーの線で表した。
グレイの線が佐倉道だ。赤い線は広重推定視点。

そこでの写真

cameraroll-1301196428.361518.jpeg逆井のわたし.jpg

嘗ての渡しは今逆井橋となっている。せめて鷺がいれば・・・でも雰囲気は残っているか。

現在、逆井の渡しの江戸川区側に説明板がある。

逆井のわたし 説明板

IMG_0201.JPG

佐倉道 説明板

IMG_0202.JPG

以上
posted by Yogi at 12:08| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。