2010年12月22日

69. 国府台〜矢切(角町〜旧坂川跡)

前回の続き。

角町の三叉路を小山交差点方面に進む旧道を行く。
暫く行き、R298も過ぎて、まだ暫く行くと、左手に宝蔵院がある。

写真1: 宝蔵院

宝蔵院.JPG

山号は光明院 宝蔵院、本尊は大日如来、開山は慶長4年(1609年)以前(真言寺と呼ばれた庵があった。)。

先に進む。R6、現在の水戸街道を潜ると、矢切高校の裏辺りで江戸川堤防道路にぶつかる。そのまま進む。矢切の渡しの少し手前に、旗本野間重成の宝篋印塔がある。

写真2: 旗本野間重成の宝篋印塔

旗本野間重成の宝篋印塔.JPG

矢切村には、野間様といわれている旗本がいた。寛永4年(1627年)に没した旗本野間重成である。天正18年(1590年)、小田原の役には家康に供奉して軍に従う。慶長19年(1614年)及20年(1615年)には、大坂夏冬の両陣に供奉した。元和元年大坂落城ののち、5月21日、小林田兵衛元長とおなじく伏見より二条城に出仕する途中、大仏の前において大野道犬を生捕り、二条城へ差し出したところ、22日酒井雅楽頭忠世、本多佐渡守正信より元長、重成連名の奉書をあたえられ、その賞として道犬が帯せしところの刀を重成に賜い、脇差は元長に賜う。元和2年(1616年)2月、功に依り下総国葛飾郡風早庄谷切村(今の下矢切・上矢切)のうち三百石を与えられる。是より子孫代々此の地を領し、以って維新に至った。十代金蔵氏は維新の際帰農して別に一家を創立したという。

更に進む。現在の江戸川坂川口に出る。そこに、産業考古学会は1995(平成7)年に「柳原水閘」を推薦産業遺産に認定され、更に松戸市指定有形文化財に指定された柳原水閘がある。1904(明治37)年に建設。

写真3: 柳原閘門

柳原閘門.JPG

柳原閘門の橋を渡り土手沿いの道を行くと旧坂川跡がある。

写真3: 旧坂川跡

旧坂川跡.JPG

天保7年(1836年)に掘削された。

そのまま進み、江戸川沿いを自宅に帰った。

これで国府台から矢切、松戸の入り口までの小さな旅が終わった。
国府台は真間弘法寺中心に一度回っているが、貝塚や古墳もあり、まだまだ見て回れていない。非常に興味深いところである。

以上
posted by Yogi at 22:20| Comment(0) | 町・村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。