2010年10月30日

60. 小松川(西小松天祖神社〜小松川沿い〜京葉道路)

前回の続き。

旧道を正徳寺まで戻る。善照寺に向かい、善照寺山門を右に行くと小松川に出る。小松川を左に。中川との合流点の橋を渡り中川沿いに行くと、かつてこの地が葛西御厨であったことを示す、江戸川区ではおなじみの天祖神社がある。

写真1: 西小松天祖神社 灯篭

天祖神社 灯篭.JPG

拝殿、本殿の写真があったはずだがデリートしてしまったようで灯篭の写真を載せます。

ここ天祖神社は西小松村の鎮守、康正2年(1456年)御鎮座の古い神社。元佐倉道と元行徳道の交差点(今は荒川の底)に在った四つ又道標が、宮司を務める秋元氏宅内にあるとのことで探しまわったが、見つからず。それにしても、この辺りで一番古い史跡である。人が集まり神社が作られる。ここ小松川は、室町時代から人が集まっていた所なのだろう。

小松川に戻り川沿いを進む。すると宝賽院、永福寺があるが、その手前に大江川水神宮がある。

写真2: 大江川水神宮

大江川水神宮.JPG

小松川周辺ではこれが2つ目。

写真3: 宝賽院

宝賽院.JPG

インターネットで調べるも情報無し

写真4: 永福寺

永福寺.JPG

インターネットで調べるも情報無し

川沿いに先に進む。この道を右に行くと源法寺に出る、という道を右に折れる。すると、ピンクのモダンな建物、それが寿光院。

写真5: 寿光院

寿光院.JPG

お寺というよりむしろヨーロッパの田舎の教会のような作り。元和3年(1617年)に圓蓮社鏡誉輪冏上人(えんれんじゃ−きょうよ−りんげいしょうにん)によって開創された浄土宗の寺院。正式には「西方山 無量教寺 寿光院」と言う。寛文3年(1663年)には総本山知恩院(京都)の末寺となった。本尊の阿弥陀如来(坐像)は鎌倉末期の作と伝えられる。

直ぐ隣に又、3つ目の水神宮。

写真6: 寿光院脇 水神宮

寿光院脇 水神宮.JPG

源法寺方向に進み左に入る道を行くと泉福寺がある。

写真7: 泉福寺

泉福寺.JPG

真言宗豊山派、香長山円通院と号す。本尊は、木造聖観音菩薩立像。中興開山は、賢専法印で永禄二年(1559年)。

そのまま道を行くと小松川に戻る。橋を渡ると西方寺仲台院がある。

写真8: 西方寺仲台院

西方寺仲台院.JPG

浄土宗、無量山西方寺と号す。鎌倉光明寺の應誉良道上人が1539年(天文8)年に建てた堂宇を始まりとする。1717年(享保2年)年に吉宗が鷹狩りの際に立ち寄り、西方寺を将軍御膳所とした。以来、西方寺は江戸幕府将軍の御膳所とされてきた。葵の御紋が多いわけだ。

川沿いを少し戻りすぐ右折。突き当りに諏訪神社がある。

写真9: 諏訪神社

諏訪神社.JPG

諏訪の辺りからこの地に来た人達が勧請したのだろう。境川の三嶋神社もそうだ。新右衛門、権兵衛、長兵衛などは伊予の国の出か。そう思うと非常に興味深い。

そのまま中川に向かうと京葉道路の先に小野原稲荷神社がある。

写真10: 小野原稲荷神社

小野原稲荷神社.JPG

小松川に戻り川沿いを北へ。すると祠が。

写真11: 京葉道路手前 地蔵祠

京葉道路手前 地蔵祠.JPG

京葉道路に出て右に行くと西蓮寺

写真12: 西蓮寺

西蓮寺.JPG

今日はここまで
posted by Yogi at 13:41| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。