2010年09月26日

50. 新川(中川合流地点〜豊榮稲荷)


より大きな地図で 無題 を表示

我が家の近くの地図である。

地図左側に南北に流れる大きな川、これは明治43着工、大正11年通水式、昭和5年工事完了した荒川だ。

その左、東大島の辺りからクネクネと南北に流れ、平井辺りで荒川を突っ切っている川は中川。この川は、荒川が人工的に作った川=放水路であるのに対し、元々あった川、自然の川。

地図右側、南北に流れていた川が妙典の辺りで大きく西側へ蛇行しているが、その川が江戸川。妙典辺りからそのまま東京湾に注いでいる側は江戸川放水路。

江戸川と荒川の間を南北に真っ直ぐ流れているのは新中川。その名の通り、地図には映っていないが、上流で中川から分岐している放水路。

と、我が江戸川区には川が多い。

大きな川だけではない。小さな川も多くある。
地図に青線を引いているが、荒川と江戸川を東西に結んでいるのが新川。
新川から分流している2本の川の内、西側が境川、東川が古川である。荒川から分流しているように見えるのは小松川だ。

今回は、この、新川、小松川、境川、古川にスポットを当て、歴史散策する。
しかし実は古川と新川の一部については、15〜20の行徳塩の道でご紹介済み。よって古川は割愛する。

で、今回は、新川。西から東へ進む。

写真1: 新川物見櫓(西景)

新川物見櫓(西景).JPG

新川は、天正18年(1590年)に江戸に入府した徳川家康が、江戸と塩の生産地であった行徳までの船路として開削を命じた。

元は船堀川で、古川との合流点より東側は無かった。塩の道は元は古川だったのである。しかし、古川は若干北へ流れている。日本橋から真っ直ぐ東へ小名木川を開削し、中川を突っ切り船堀川へ続き、江戸川までも真っ直ぐ繋ごうと新川を作った。新しく作ったから新川、それまでの川は古川となった。

現在は水路としての利用はなくなったものの、「新川千本桜計画」では新川の水辺空間を活用し、2013年3月を目途に全長約3キロメートルにわたって新川両岸に千本の桜を植え、火の見櫓や木造の橋に見立てた人道橋、広場橋を整備するなど、江戸風情あふれる街並みづくりを進めている。

東へ。左岸を行く。
鹿野たばこ店から北へ伸びる道が、いかにも旧道っぽい。あるいは用水か。そこを入ると法然寺。15. 行徳塩の道(新川〜中川口)(http://yogimessage.seesaa.net/article/149409554.html)で紹介済みだが改めて。

写真2: 法然寺

法然寺.JPG

法然寺は元和2年(1616年)一蓮社専誉了雲上人の開山で、ご本尊は山越の来迎阿弥陀如来像。文久3年(1863年)当時の住職によって筆道の家塾と呼ばれた寺子屋が開かれ、現在の船堀小学校の前身となっている。境内には区の文化財でもある青面金剛像庚申塔が建立されている。

写真3: 江戸川区文化財笠付角柱型庚申塔(万治2年(1659年)建立)

法然寺_庚申塔.JPG

鹿野たばこ店に戻り進むとアパートの敷地内に名も無きお稲荷さんがある。

写真4: お稲荷さん(法然寺手前)

お稲荷さん.JPG

右岸に亘る。第一三共の脇を南西に真っ直ぐ行く道がある。ここはかつての用水路。っていうか、今でも水路だが、蓋が被せられ道になっている。そこを進むと豊榮稲荷神社がある。

写真5: 豊榮稲荷神社

豊榮稲荷神社.JPG

元禄3年(1690年)創建と伝えられる古社。法然寺の74年後。豊受姫尊を主神とし、誉田別神を合祀する。伊勢神宮と八幡様ということか。

ここ、豊榮稲荷神社には、多数の観音様やお地蔵さんが集められている。その内、建立念が刻まれているものを写真に収めたので紹介する。

古い順に、

写真6: 豊榮稲荷神社地蔵(享保9年1724)

豊榮稲荷神社地蔵(享保9年1724).JPG

写真7: 豊榮稲荷神社地蔵(享保16年1731)

豊榮稲荷神社地蔵(享保16年1731).JPG

写真8: 豊榮稲荷神社観音(宝暦5年1755)

豊榮稲荷神社観音(宝暦5年1755).JPG

写真9: 豊榮稲荷神社観音(明和8年1771)

豊榮稲荷神社観音(明和8年1771).JPG

今日はここまで
posted by Yogi at 09:47| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。