2010年07月31日

44.佐倉道(中山法華経寺)

前回の続き。

安房神社を背に真っ直ぐ進むと中山法華経寺の仁王門に出る。

日蓮はその布教活動の中で幾度と無く迫害を受けたが、下総千葉氏の家臣であった富木常忍と太田乗明はこれを自分達の所領のある八幡荘に暖かく迎えた。富木は日蓮のために所領の若宮に寺を造営(法花寺(法華寺とも))し、隣の中山の領主であった太田も自家の持仏堂を寄進した(本妙寺)。特に富木は千葉氏の文吏としても活動していたために日蓮に紙筆を提供し、その執筆を助けた。日蓮の遺文が同寺に多く遺されているのはその縁であると言われている。日蓮死後に富木は出家して法花寺初代住持・常修院日常となった。後に八幡荘を支配した千葉胤貞(九州千葉氏の祖)の帰依を受け、猶子の日祐を3代目住持として本妙寺・法花寺両方の住持を兼ねた。だが、折りしも千葉氏が分裂して胤貞系は下総から駆逐されて肥前国へと追いやられる事になる。だが、日祐は室町幕府との関係を強めてこの危機を乗り切り、後にここを拠点とする中山門流が成立する事になった。以後、代々の住持は本妙寺と法花寺両方の住持を兼務する慣わしとなっていたが、天文14年(1545年)古河公方足利晴氏より「諸法華宗之頂上」という称号が贈られて、この時に初めて法花・本妙両寺を合わせた呼称として「法華経寺」という寺名が誕生したとされている。以後、両寺は事実上統合され、「法華経寺」という一つの寺院として認識されるようになっていった。

写真1:中山法華経寺 仁王門

中山法華経寺 仁王門.JPG

写真2:中山法華経寺 参道

中山法華経寺 参道.JPG

境内に入り正面に五重塔。建築年代は江戸時代の元和八年(1622年)、構造形式は三間五重塔姿、瓦棒銅板葺。この五重塔は本阿弥光室が両親の菩提を弔うために、加賀藩主前田利光公の援助を受けて建立したもの。

前田家が登場してくるとは。。。流石は中山法華経寺。

写真3:中山法華経寺 五重塔(国指定重要文化財)

中山法華経寺 五重塔.JPG

その手前左手に祖師堂。祖師堂は宗祖日蓮聖人をお祀りするお堂で、最初は鎌倉時代の正中二年(1325年)に上棟した小規模な五間堂だった。その後、焼失などにため数回の再建があり、現在の祖師堂は江戸時代中期の延宝六年(1678年)に上棟されたもの。建物は大規模な七間堂で、屋根を二つ並べたような比翼入母屋造の形式を持つのが特徴。このお堂の他に比翼入母屋造の屋根を持つのは全国でも岡山県にある吉備津神社本殿(国宝)だけ。

写真4:中山法華経寺 祖師堂(国指定重要文化財)

中山法華経寺 祖師堂.JPG

石畳に従い歩を進めると右手に中山大仏。享保4年(1719年)、法華経寺第59世日禅上人のときに江戸神田鍋町の鋳物師太田駿河守藤原正義によって鋳造された。大きさは身の丈1丈6尺(約4.8m)、台座2間半(約4.5m)といわれている。

写真5:中山法華経寺 釈迦如来坐像(中山大仏)

中山法華経寺 釈迦如来坐像.JPG

そのまま祖師堂を右から回り込むように進むと右手に本院。

写真6:中山法華経寺 本院

中山法華経寺 本院.JPG

本院に向かう途中左手に荒行堂

写真7:中山法華経寺 荒行堂

中山法華経寺 荒行堂.JPG

道を戻り祖師堂の裏を回り込むように進むと、左から、本行院、刹堂、法華堂、宇賀神堂、太田稲荷神社がある。

写真8:中山法華経寺 本行院

中山法華経寺 本行院.JPG

写真9:中山法華経寺 刹堂

中山法華経寺 刹堂.JPG

写真10:中山法華経寺 法華堂

中山法華経寺 法華堂.JPG

桁行五間、単層入母屋造、銅板葺、文応元年(1260年)の創建。日蓮聖人自ら一尊四菩薩を開眼安置す。百日百座説法の霊跡である。(国指定重要文化財)

その法華堂の門、四足門が又重文。

写真11:中山法華経寺 法華堂 四足門

中山法華経寺 四足門.JPG

隣に宇賀神堂

写真12:中山法華経寺 宇賀神堂

中山法華経寺 宇賀神堂.JPG

その奥に太田稲荷神社

写真13:中山法華経寺 太田稲荷神社

中山法華経寺 太田稲荷神社.JPG

境内入り口の方に進むと途中に右に折れる道、そこに龍王池

写真14:中山法華経寺 龍王池

中山法華経寺 龍王池.JPG

元に戻り境内入り口に進むと途中に妙見堂

写真15:中山法華経寺 妙見堂

中山法華経寺 妙見堂.JPG

江戸名所図会にも描かれている。

江戸名所図会_妙法華経寺.jpg

黒門、仁王門、五重塔に祖師堂、本院、祖師堂の裏手山にいくつかの建物、今と同じレイアウト。面白い。

境内入り口から横の道に出られる。そこで境内から出て、奥之院に向かうが、今日はここまで。
posted by Yogi at 20:56| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。