2010年07月31日

42.佐倉道(菅野〜八幡)

前回の続き。

佐倉道を東に進む。

本八幡の駅を過ぎると左手に鳥居が。ここ佐倉道 市川〜海神のメイン2つ目、葛飾八幡宮である。(1つ目は言ってなかったが真間)

写真1:葛飾八幡宮 隋神門

葛飾八幡宮山門.JPG

明治維新以前は、天台宗上野寛永寺の末寺、八幡山法漸寺の仁王門だったが、神仏分離によって当宮の隋神門に。両裾に位置する隋神(右大臣・左大臣)のある場所には仁王像があったが、現在は行徳の徳願寺に遷されている。和様、木造単層切妻の構造をもち、屋根はかつて茅葺だったが、現在では銅葺。三間一戸、丹塗されており、桁行一〇・三六メートル、梁間四・四五メートル。(平成十四年八月、塗替修復工事竣功)

境内に入る。左手に神楽殿。大絵馬が公開されている。

写真2:葛飾八幡宮 神楽殿 大絵馬

葛飾八幡宮神楽殿大絵馬.JPG

幕末に奉納されたもので、葛飾八幡宮の御祭神である神功皇后の新羅出兵を描いたもの。神功皇后は右から2番目。中央には皇后の臣下である武内宿禰(たけのうちのすくね)が描かれ、また皇后の胎内には葛飾八幡宮の主祭神である応神天皇(八幡様)が宿られていると神話(古事記・日本書記)は伝えている。

中央に本殿

写真3:葛飾八幡宮 本殿

葛飾八幡宮本堂.JPG

創建は平安朝の昔、寛平年間(889〜898年)宇多天皇の勅願により下総の国総鎮守八幡宮として御鎮座、以来歴朝の御崇敬篤く、代々の国司・郡司をはじめ、国民の信仰深く、下総の国における葛飾文化、八幡信仰の中心となった。とりわけ平将門の奉幣、源頼朝の社殿改築(治承四年(1180年)武運長久を祈り、建久年中(1190〜99年)には千葉常胤に命じて社殿等の造営修復)、太田道灌の社壇修復(文明11年(1479年)に臼井城(現佐倉市)の千葉孝胤攻略に際し同社に祈願し、社殿修理を行っている。)、徳川家康の御朱印地社領五十二石の寄進(天正19年(1591年))等その尊信は篤いものがあった。また、御主神應神天皇の御事蹟により、文教の祖神、殖産興業、殊に農業守護の神として近郊の信仰をあつめている。毎年九月十五日のご例祭日より二十日まで、広大な境内で催される農具市の盛況さは、古来より関東一。

本殿奥に千本公孫樹がある。

写真4:葛飾八幡宮 千本公孫樹

葛飾八幡宮大銀杏.JPG

多数の樹幹が寄り集まって、まるで根本から一本の大樹が伸びているように見えるところから、千本公孫樹の名で呼ばれる。古くから有名で、江戸名所図会には「神前右の脇に銀杏の大樹あり神木とす。」とあり、さらに「此樹のうつろの中に小蛇栖めり、毎年八月十五日祭礼の時、音楽を奏す。其時数万の小蛇枝上に顕れ出づ。衆人見てこれを奇なりとす。」とある。
樹高22m、根廻り10.2m、目通り10.8mで、根廻りより目通りの太くなっているのも特徴の一つ。

その、江戸名所図会

江戸名所図会_八幡不知森 八幡 八幡宮.jpg

手前の道が佐倉道、参道を左に折れると葛飾八幡宮。そのT字路に藪知らずが見える。参道を進むと右手にドーナツのような池がある。厳島神社だ。隋神門も本殿も見える。今と同じレイアウト。面白い。

葛飾八幡宮の右奥に、葛飾天満宮をメインとした色々な神社が集まっている森がある。

写真5:厳島神社

厳島神社.JPG

写真6:葛飾天満宮

葛飾天満宮.JPG

写真7:葛飾天満宮 石塔群

葛飾天満宮庚申塔等.JPG

木漏れ日が当たり良い雰囲気だったので庚申塔のみアップで

写真8:葛飾天満宮 庚申塔

葛飾天満宮庚申塔.JPG

佐倉道に戻る。

直ぐ、八幡 不知森神社がある。

写真9:八幡 不知森神社

不知森神社.JPG

ここは面白い話がいくつも残っている。江戸時代に書かれた地誌や紀行文の多くに、ここ八幡では「藪知らず」のことを載せている。

「この藪余り大きからず。高からず。然れども鬱蒼としてその中見え透かず。」
「藪の間口漸く十間(約18メートル)ばかり、奥行きも十間に過ぎまじ、中凹みの竹藪にして、細竹・漆の樹・松・杉・柏・桑の樹などさまざまの雑樹生じ...」

どれもが、この藪知らずは入ってはならない所、一度入ったら出てこれないところ、入れば必ず祟りがあると恐れられた所として記載され、「諸国に聞こえて名高き所なり」と言われて全国的に知られていた。

入ってはいけない理由について、

●最初に八幡宮を勧請した旧地である。
●日本武尊が陣所とされた跡である。
●貴人の古墳の跡である。
●平将門平定のおり、平貞盛が八門遁甲の陣を敷き、死門の一角を残したので、この地に入ると必ず祟りがある。
●平将門の家臣六人が、この地で泥人形になった。

と、いろいろ言われてきたが、中でも万治年間(1658〜61年)、水戸黄門(徳川光圀)が藪に入り神の怒りに触れたという話が、後には錦絵となって広まった。

佐倉道を進む。左手に東昌寺がある。

写真10:東昌寺

東昌寺.JPG

船橋市にある宝成寺の末。曹洞宗、浅間山と号する。天正年間(1573〜92年)に大誉和尚が開基。創建当時は現在の八幡六丁目富貴島小学校付近にあったが、寛永元年(1624年)に第三世万明和尚が現在地に移した。

参道入り口になんとなく写真を撮りたくなった石塔がある。

写真11:東昌寺 石塔

東昌寺_石標.JPG

中国っぽい。今日はここまで。
posted by Yogi at 10:10| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。