2011年07月15日

150. 名所江戸百景81 千住の大はし

名所江戸百景シリーズの第81弾、今回は、千住の大はしである。

千住の大はし.jpg

この絵は、千住大橋南岸、東寄りから、千住大橋越しに上流方面、北西方面を望んだ絵である。隅田川には秩父の山々から切り出した木材を運ぶ大型の帆船が浮かび、画面奥には秩父か日光か、連山が見える。千住大橋を渡った向こう側には、千住宿も見えている。

千住大橋が架けられたのは、家康が江戸に入府して間もない文禄3年(1594年)11月、隅田川では最初の橋となる。橋が架けられた後は、白鬚橋付近にあった橋場の渡しから、この千住大橋に、佐倉街道、奥州街道、水戸街道が移った。

千住大橋は何度も改架、改修が行われ、計6回に及ぶ。明治18年(1885年)7月1日の台風による洪水まで、流出が一度も無く江戸300年を生き抜いた名橋と言われる。

千住大橋といえばもう一つ、芭蕉だ。

『旅立ち』

弥生も末の七日、曙の空朧々として、月は在り明けにて光をさまれるものから、富士の峰幽かに見えて、上野・谷中の花の梢、又いつかはと心細し。睦ましき限りは宵より集いて、舟に乗りて送る。千住というところにて舟を上がれば、前途三千里の思い胸に塞がりて、幻のちまたに離別の涙を注ぐ。

行く春や鳥啼魚の目は涙

これを矢立ての初めとして、行く道尚進まず。人々は途中に立ち並びて、後ろ影の見ゆる迄はと、見送るなるべし。

光景が目に浮かぶような、美しい文章だが、一方で、では何故旅に出たのか? とも、思う。

安政5年(1858年)の地図

千住の大はし.JPG

現在の地図


より大きな地図で 千住の大はし を表示

日枝神社、誓願寺、スサノオ神社(牛頭天王)は、今でも在る。

そこでの写真

cameraroll-1310464580.969500.jpeg千住の大はし.jpg

現在の地図を見ても少し分かりづらいが、ここら辺りの隅田川南岸は、高いコンクリートに覆われ、ちょうど良い場所で撮影できない。写っている橋は実は日比谷線の鉄橋である。

と、いうことで、千住大橋の写真も。

cameraroll-1310464589.518503.jpeg

橋は、広角の絶好の被写体である。

以上
posted by Yogi at 20:43| 東京 ☀| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。