2011年05月22日

141. 名所江戸百景72 四ツ木通用水引ふね

名所江戸百景シリーズの第72弾、今回は、四ツ木通用水引ふねである。

四ツ木通用水引ふね.jpg

この曳舟は、篠原村から亀有村の間で行われていた。遠くに筑波山が見えるから、篠原村から亀有方面を望んだ絵である。

『篠原』とはどの辺りのことであろうか。現在の地図を、曳舟川沿いに見ても地名が残っていない。

明治13年(1880年)の地図

四ツ木通用水引ふね2.JPG

真ん中に『篠原村』を配置した。左上から右下に流れる川は綾瀬川、左下から右上に流れるのが曳舟川である。その合流点の北川が篠原村である。

安政5年(1858年)の地図

四ツ木通用水引ふね.JPG

西光寺の北で曳舟川に合流と言うか、沿って流れているのは中井掘である。

現在の地図


より大きな地図で 四ツ木通用水引ふね を表示

曳舟川は曳舟川通りという道路となり、中井掘も道路になっている。白髭神社と西光寺は当時のまま残っている。黒い線で表したのは古代東海道である。安政5年の地図には認められないが明治13年の地図にははっきりとそれが認められている。

そこでの写真

cameraroll-1305944946.335893.jpeg四ツ木通用水引ふね.jpg

曳舟川は所々親水公園になっている。それを撮った。

しかし、地図を見ても分かる通り、曳舟川は真っ直ぐである。広重の絵のように蛇行していない。が、蛇行している方が素敵だ。

以上
posted by Yogi at 10:14| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

140. 名所江戸百景71 にい宿のわたし

名所江戸百景シリーズの第71弾、今回は、にい宿のわたしである。

にい宿のわたし.jpg

この絵は、渡しの亀有側から北東方面を望んだ絵であろう。筑波山が見えている。手前には渡しを待つ客向けに茶でも出すのであろう、店か宿のような建物が見える。中川には帆船が浮かんでいる。向かう先は河口方面、もう暫くすると北十間川と合流する。それを右に折れ、浅草から隅田川に入り、日本橋川を右に入り、河岸に荷を下ろすのであろうか。

日本橋を起点に始まる江戸脇街道の一つ、水戸道中。その、千住宿と松戸宿の間に位置するのが新宿(にいじゅく、しんじゅくではない。)。中川を挟んで亀有とその新宿を渡すのが新宿の渡しである。

新宿は、直ぐ南にある葛西城の城下町として、後北条氏により作られた町である。1538年(天文7年)、後北条氏は、葛西城を獲った。それを知った房総の足利義明小弓公方は危機感を募らせ、戦をすることを決める。それが国府台合戦だ。

明治13年(1880年)の地図

にい宿のわたし.JPG

新宿は江戸から外れているので切絵図ではカバーしていない。そこで明治の地図だ。宿場によくある鍵型の道となっている。

現在の地図


より大きな地図で にい宿のわたし を表示

道がそのまま残っている。

ここ新宿は、現在の地図にあるように、水戸道中、佐倉道と、陸上交通の重要な場所であった。又、中川は水上交通で重要な位置を占め、又、既述のように、江戸の前、戦国時代から葛西城の城下町として栄えた場所だった。にも拘らず、開発から逃れられたのは、鉄道による開発を拒否したからである。当時、新宿の渡しは、中川橋建設に伴い廃止されていた。その中川橋は民間による運営で、渡し賃を徴収していた。その収益が無くなるのを恐れたのである。

そこでの写真

cameraroll-1305944970.282277.jpegにい宿のわたし.jpg

最後に、葛西城跡に造られた御殿山公園での葛西城説明板より葛西城の地図

cameraroll-1305944985.148519.jpeg

以上
posted by Yogi at 09:21| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。