2011年04月23日

136. 名所江戸百景67 小梅堤

名所江戸百景シリーズの第67弾、今回は、小梅堤である。

桜ももう散ってしまった。まだまだ、広重が描いた桜の絵を回り切れていない。来年に持ち越しだ。来年に楽しみを取っておくことが出来た。と、いうことで冬の景、小梅堤である。

小梅堤.jpg

真ん中に流れる川は曳舟川(亀有上水あるいは本所上水)である。手前の橋は八段橋で、北東を望んだ絵である。曳舟川の西側には田園が果てしなく広がっている、何とものどかな風景である。

安政5年(1858年)の地図

小梅堤.JPG

左の大きな川は隅田川、下に東西に流れる川は北十間川、そこから北東に伸びている川が曳舟川である。北十間川と曳舟川の合流地点に、『小梅丁』、『小梅村』の文字が見える。曳舟川両岸に黄色の道があるが、それが小梅堤である。周りは、広重の絵の通り、百姓地、田である。周辺には、三囲稲荷、正圓寺、円通寺も見える。

現在の地図


より大きな地図で 小梅堤 を表示

ブルーポイントが広重推定立ち位置、ブルーラインが推定視線、赤ポイントで、三囲稲荷、正圓寺、円通寺をポイントした。

嘗ての曳舟川は曳舟通りに変わっている。田園は影も形もなくなった。が、三囲稲荷、正圓寺、円通寺は嘗ての場所に今もまだある。

そこでの写真

cameraroll-1303028941.479152.jpeg小梅堤.jpg

何ともさびしい限りである。

広重のその他の絵も見てみる。

江戸高名会亭尽 本所小梅小倉庵

江戸高名会亭尽 本所小梅小倉庵.jpg

隅田堤闇夜の桜

隅田堤闇夜の桜.jpg

芸者の持つ提灯には『おぐらあん』の文字が見える。

以上
posted by Yogi at 08:40| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。