2011年03月12日

121. 名所江戸百景52 はねたのわたし弁天の社

名所江戸百景シリーズの第52弾、今回は、はねたのわたし弁天の社である。

はねたのわたし弁天の社.jpg

『はねた』とは、羽田のことである。対岸の川崎大師と羽田の間を渡していた。この絵は、その渡し船から羽田にある弁天様を視界に捉えた絵である。ここは『ブラタモリ』で取り上げられていたので、詳しい説明はそちらに譲る。

明治13年の地図

はねたのわたし弁天の社.JPG

羽田は江戸の内ではないので江戸切絵図が無い。

左下には渡しが見える。真ん中右に目をやると『羽田村鈴木新田』の文字が見える。その、『田』の直ぐ左、都道311号線を表すブルー地の六角形マークが見えるが、そのすぐ右上、文字が判別できないがここが恐らく弁天様。

現在の地図


より大きな地図で はねたのわたし弁天の社 を表示

ブルー・ポイントで、川崎大師、羽田の渡し跡、弁天様推定跡地を表し、赤ポイントで広重の推定立ち位置、赤ラインで推定視線を表した。

そこでの写真

IMG_0439.JPGはねたのわたし弁天の社.jpg

もちろん今は渡しは無いので船上からの写真は無理。弁天様も無い。が、多摩川河口の右に緩やかに曲がるカーブは雰囲気が残っている。

ところで、広重はこの羽田弁天を他にも描いている。

江戸近郊八景之内 羽根田落雁

江戸近郊八景之内 羽根田落雁.jpg

絵本 江戸土産 羽田弁財天社

絵本 江戸土産 羽田弁財天社.jpg

江戸名所図会 羽田弁天

江戸名所図会 羽田弁天.jpg

江戸名所図会も

羽田 弁財天社.jpg

以上
posted by Yogi at 14:36| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。