2011年02月26日

118. 名所江戸百景49 霞がせき

名所江戸百景シリーズの第49弾、今回は、霞がせきである。

霞がせき.jpg

この絵は、霞が関坂の上から、坂下を望んだ絵である。坂の右には松平美濃守、坂の左には松平安芸守の屋敷が見える。遠くには江戸湾、その手前に一際高い三角屋根は築地本願寺である。凧も上がっていて、正月だ。それにしても、素晴らしい風景だ。羨ましい。悔しい。

松平美濃守は筑前福岡藩主・黒田斉博、松平安芸守は芸州広島藩主・浅野長訓。共に、松平姓を許された大大名である。

安政5年(1858年)の地図

霞がせき.JPG

松平美濃守、松平安芸守の上屋敷に挟まれた道が霞が関坂、その西の突き当り、松平安芸の中屋敷の塀の辺りから坂下を望んだ。坂をずっと下ると、地図右下には築地本願寺が見える。

現在の地図


より大きな地図で 霞がせき を表示

そう。今の国土交通省と総務省、それと、外務省の敷地が、両大名の上屋敷敷地だった。流石は松平姓を許された大大名、それにしても、広い。赤ポイントが広重推定立ち位置、赤ラインが視線向き。

そこでの写真

IMG_0425.JPG霞がせき.jpg

雰囲気出ている。江戸時代は、ちょうどこのT字路の広場で凧揚げしていたのだ。向こうには海が見えていたんだ。

以上
posted by Yogi at 19:04| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

117. 名所江戸百景48 山下町日比谷外さくら田

名所江戸百景シリーズの第48弾、今回は、山下町日比谷外さくら田である。

山下町日比谷外さくら田.jpg

この絵は、外堀の山下御門の辺り、山下町から、堀越しに松平肥前の屋敷の赤門を眺めたものである。堀のブルー、塀の白、門の赤のトリコロール・コントラストが美しい。時期は正月か。羽子板と凧が見える。

安政5年(1858年)の地図

山下町日比谷外さくら田・霞がせき.JPG

右下に山下御門を配置した。そのすぐ右に『山下町』が見える。ちょうどこの辺りから、山下御門が左に見切れるフレームで、松平肥前守の赤門を眺めたのであろう。すると、フレーム右に、確かに堀が入る。

現在の地図


より大きな地図で 山下町日比谷外さくら田 を表示

ブルー・ポイントが山下御門推定跡地、ブルー・ラインは堀推定跡地、赤ポイントが松平肥前守屋敷赤門、グリーン・ポイントが広重推定立ち位置、グリーン・ラインが推定視線向きである。

山下町は泰明小学校になっている。外堀は首都高速、堀は道に、松平肥前守屋敷は日比谷公園に。しかし、日比谷公園の日比谷門が、ちょうど、嘗ての赤門の辺りではないか。

そこでの写真

IMG_0421.JPG山下町日比谷外さくら田.jpg

推定立ち位置だとあまりによろしくない構図なので、山下御門の真南で撮った。手前に首都高速、その後ろに新幹線と、雑然としているが、堀跡である奥に続く道が窓の向こうの景色のようで、写真としては面白い。

山下橋説明板

IMG_0420.JPG

以上
posted by Yogi at 14:57| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

116. 名所江戸百景47 湯島天神坂上眺望

名所江戸百景シリーズの第47弾、今回は、湯島天神坂上眺望である。

湯島天神坂上眺望.jpg

女坂を上り切り、後ろを振り返った眺望だ。眼下に、不忍池が雪の中にぽっかり浮かんでいる、何とも美しい光景である。

江戸と言うと関東平野のイメージだが、神田明神曙の景と同様、この絵も山から見下ろしている。

地形図

湯島天神坂上眺望 地形図.JPG

真ん中やや下に不忍池を配置した。その左下に『17』の文字が見えるがその辺りが湯島天神である。本郷台地の東の端にあるのだ。因みに、その南を東西に流れている、本郷台地を削り取って流れているのが神田川である。

しかし、不忍池から北に行く低地は完全に川跡だ。不忍池は河口部、そこから先は海であったのだろう。日本武尊伝説が残るのも頷ける。

さて、江戸三大天神は、名所江戸百景でも描かれている亀戸天神、八王子の谷保天神、そしてこの湯島天神と言いたいところだが、湯島天神は外れている。先回の五條天神がもう一つである・・・と、思ったら五條の代わりに湯島という説もあるようだ。

湯島天神は 雄略天皇2年(458年)一月 勅命により創建と伝えられていると言うから相当に古い。天之手力雄命を奉斎したのがはじまりで、正平10年(1355年)二月に菅公をあわせて奉祀している。

安政5年(1858年)の地図

湯島天神坂上眺望.JPG

真ん中に湯島天神を配置した。下谷広小路から西へ真っ直ぐ行くとそのまま男坂に当たる。北には女坂。ここを上り振り返ると不忍池。

現在の地図


より大きな地図で 湯島天神坂上眺望 を表示

ブルー・ポイントが湯島天神、赤ポイントが広重の推定立ち位置、赤ラインが推定視線向きである。

そこでの写真

IMG_0417.JPG湯島天神坂上眺望.jpg

マンションが邪魔だ。

最後に、江戸名所図会

湯島天満宮.gif

以上
posted by Yogi at 09:33| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。