2011年01月15日

86. 名所江戸百景P 馬喰町初音の馬場

江戸名所百景シリーズの第十七弾、今回は、馬喰町初音の馬場である。

馬喰町初音の馬場.jpg

『馬喰町』とは、馬を喰う人が住んでいたのか。江戸時代は肉食禁止のはずである。調べてみると、家康が、軍馬を管理する為に、馬工郎をここに住まわせたのが地名の由来であるそうだ。

それにしても、馬場ではなく干された反物をメインに持ってくる構図が広重らしい。ここから少し西へ行くと、紺屋町があるが、その影響なのか。又、山吹色も美しい。色的には、百景の中でも珍しいのではないか。

安政5年(1858年)の地図

馬喰町初音の馬場.JPG

真ん中の青色背景、字が見えづらいが、『馬場』と記載されている。ここが馬喰町初音の馬場だ。
その上を流れているのは神田川、馬場の右上には浅草御門がある。現在も、ここ(浅草橋を渡った橋袂の西側)に浅草見附跡がある。浅草御門の東側には両国広小路がある。浅草御門に繋がる南から来ている道、その一本東の道が日光道中だ。

現代の地図で見てみる。


より大きな地図で 無題 を表示

赤線で囲ったところ、ここが馬場ではなかろうか。
※因みに黒い線が日光道中、青いポイントは浅草見附

広重視点推定地からの写真

IMG_0236.JPG馬喰町初音の馬場.jpg

道路右側の建物が馬場、白いビルが火の見櫓?

江戸名所図会にも描かれていた。

江戸名所図会 馬喰町馬場

馬喰町馬場.jpg

2つ合わせて見ると、馬場には火の見櫓が建っているようだ。馬場の手前は広場になっている。広重の視点は、馬場前広場から、馬場に向かって左側に立ち、火の見櫓を真ん中に置いた構図だったと推定する。

以上
posted by Yogi at 09:29| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。