2011年01月22日

89. 名所江戸百景S 神田紺屋町

名所江戸百景シリーズの第二十弾、今回は、神田紺屋町である。

神田紺屋町.jpg

白地に広重ブルーが見事な絵だ。

この界隈は慶長年間(1596-1615年)、家康から軍功として関東一円の紺の買い付けを許されていた紺屋頭土屋五郎右衛門が支配していた町。町には五郎右衛門の配下の染物職人が多勢住んでおり、いつしか「紺屋町」と呼ばれるようになった。江戸を代表する藍染の浴衣と手ぬぐいの大半は紺屋町一帯の染物屋でそめられた。『場違い』という言葉は、ここ紺屋町以外で染められた染物のことを意味していたのがそもそもの語源と言う。

安政5年(1858年)の地図で場所を確認する。

神田紺屋町.JPG

画面真ん中、東西に堀がある。下の方が神田八丁堀、上は藍染川(と、思われる。)。画面やや左側、南北に走っている道が中山道だ。中山道と神田八丁堀が交差する所。その地点の右上、藍染川のすぐ南側に紺屋町一、二丁メ、三丁メという記載が見えると思う。ここが神田紺屋町だ。

神田紺屋町から神田八丁堀を渡ると直ぐに『時の鐘』がある。そのまま東に行くと、3丁先に『囚獄』という文字がある。ここは吉田松陰が安政の大獄で捕らわれ、最後の地となった伝馬町牢屋敷である。今は、十思公園。

これらを頭に入れ、現在の地図で、神田紺屋町を推定する。


より大きな地図で 神田紺屋町 を表示

地図を拡大して見ていただきたい。

南側のブルーの線が神田八丁堀跡、北側の黒いラインが、この台形の形から小ヤシキ跡と思われる。西の南北に走る大きな通りはR17、中山道で、古地図でも最も太い道だ。青いポイントは十思公園。と、いう位置関係からすると、赤いラインが紺屋町、西から一丁目、二丁目、三丁目と思われる。見ていただいてお分かりの通り、現在とは若干位置がずれる。

と、いう準備の上、現場に行ってみた。

写真1: 神田八丁堀跡、神田八丁堀跡と昭和通り交差点付近から北東方面を望む

IMG_0263.JPG

写真2: 神田八丁堀、昭和通りを渡った先の公園

IMG_0262.JPG

推定地点には、地名由来の説明碑があった。読みは正解だった。

写真3: 神田紺屋町 町名由来板

IMG_0261.JPG

さて、広重の絵では、遠く富士山が見える。よって視点の向きは南西、グリーンポイントに立ち、グリーンのラインの向きと思われる。その視点での写真。

写真4: 現在の『神田紺屋町』

IMG_0265.JPG神田紺屋町.jpg

藍染川は江戸名所図会にも描かれている。

藍染川.gif

以上
posted by Yogi at 10:01| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

88. 名所江戸百景R 大てんま町木綿店

名所江戸百景シリーズの第十九弾、今回は、大てんま町木綿店である。

大てんま町木綿店.jpg

大丸屋を過ぎそのまま日光道中を行くとここに至る。

日本橋を五街道の起点と定め、街道と共に誕生したのが、宿場、伝馬、助郷など。慶長11年(1606年)、隅田川河口の浜町一帯の埋立地が完成して後、江戸城拡張に伴って、江戸城前から現在地に伝馬役が移された。だから大伝馬町、小伝馬町なのである。

伝馬役の任にあたったのが馬込勘解由ら。馬込氏は当時、江戸城近く現在の千代田区にあった宝田村に住んでいたが、恵比寿宝田神社と一緒に大伝馬町に移転。馬込氏は三河(愛知県)の出身で、特産の三河木綿の売買に力を入れ木綿問屋を開き、これが後に、大伝馬町の木綿店と呼ばれる木綿問屋街へと発展していった。

安政5年(1858年)の地図

大てんま町木綿店.JPG

キャプションは無いが、ちょうど真ん中の、日光道中の『大傳馬丁一』と『小船町一』の間の堀留町の区画が該当する。

現在の地図で示す。


より大きな地図で 無題 を表示

ブルーで囲った所が木綿問屋と思われる。ポイントは、左から田畑屋、大和屋、丹波屋。囲いの北側のポイントは、左から小津屋、江戸屋、川喜田屋。ちょっと外れた東側のポイントは、現在の江戸屋である。

大丸屋から進んで最初が現在の江戸屋、創業享保3年(1718年)

IMG_0228.JPG

木綿問屋が右に描かれているから広重推定視点は赤いポイント。方向は赤いライン。

広重推定視点から撮った1枚

IMG_0256.JPG大てんま町木綿店.jpg

そして、小津屋はなんと今も同じ位置にある。

IMG_0255.JPG

大伝馬町木綿店は、江戸名所図会にも描かれている。

江戸名所図会 大伝馬町木綿問屋

大伝馬町木綿問屋.jpg

広重は東都名所でも描いている。

東都大伝馬街繁栄の図.jpg

以上
posted by Yogi at 00:19| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

87. 名所江戸百景Q 大伝馬町ごふく店

名所江戸百景シリーズの第十八弾、今回は、大伝馬町ごふく店である。

大伝馬町ごふく店.jpg

『大』に○、そう、あの大丸である(左上の看板にはしっかり『大丸屋』)。大丸も色々あったが、社員の方が何とも羨ましい。広重に描かれているなんて。誇りを持てる。

さて、安政5年(1858年)の地図で場所を確認しておく。

大伝馬町ごふく店.JPG

これは、日光道中の起点、日本橋三越の辺り(地図左下)から、浅草見附(地図右上)までを俯瞰した地図である。

日光道中(前回の記事: 86. 江戸名所百景P 馬喰町初音の馬場 参照)を浅草見附から南西に下ってほしい。堀を渡った2丁目、『大丸シンミチ』の文字が見えるだろう。この大丸シンミチと日光道中に挟まれた区画が大丸屋だ。

現在の地図で示そう。


より大きな地図で 大伝馬町ごふく店 を表示

大丸を左に見ているわけだから、ポイントの位置から赤いラインが視点方向と推定される。

大丸は、大丸ホームページによると、享保2年(1717年)に京都伏見に大文字屋として呉服店を開業し、寛保3年(1743年)に、ここ江戸に江戸店を開業している。広重が描いた時期が1858年頃なので、この時点で既に100年以上経っている! スゴイ! 羨ましい!

広重視点で写真を1枚

IMG_0254.JPG大伝馬町ごふく店.jpg

大丸屋跡地のビルが建て替えられていて、工事の壁の高さがちょうど当時の建物の高さと同じぐらいになり、それっぽくなった。

以上
posted by Yogi at 23:04| Comment(0) | 名所江戸百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。