2010年12月12日

66. 国府台〜矢切(国府台天満宮〜)

前回の続き。

総寧寺からの道をそのまま進むと、直ぐに国府台天満宮がある。

写真1: 国府台天満宮

国府台天満宮.JPG

国府台天満宮は、文明11年(1479年)、当地の鎮守として、太田道灌が建立した。元々は法皇塚の墳頂部に祀られていたが、明治8年(1875年)、大学校設立の用地として周辺地域が買い上げられた時、農家と共に現在地に移された。

国府台天満宮と言えば辻切である。辻切りとは、人畜に危害を加える悪霊や悪疫が部落に侵入するのを防ぐため、部落の出入口にあたる四隅の辻を霊力によって遮断しようと、藁で2メートルほどの大蛇を4体作り、御神酒を飲ませ魂入れをして、町の四隅にある樹に頭を外に向けて結び付ける。辻切り行事は毎年1/17に、この天満宮境内で行われる。

そのまま旧道を進む。

台地から江戸川低地に出て暫く進むと、右手に本久寺、直ぐ隣に栗山日枝神社がある。

写真2: 本久寺

本久寺.JPG

本久寺は1690年(元禄3年)の創建

写真3: 栗山日枝神社

栗山日枝神社.JPG

本久寺、栗山天満宮に面した旧道を進むと突き当り、そこを右に行くと台地に向かって階段がある。そこを上ると、栗山浄水場がある。ここには、1937(昭和12)年に竣工し、土木学会選奨土木遺産の配水塔がある。

写真4: 栗山浄水場 配水塔

栗山浄水場 配水塔.JPG

戻り旧道を進む。江戸川低地より台地に上がる坂がある。ここが、国府台合戦の激戦地、大坂である。

写真5: 国府台合戦 古戦場跡 大坂

国府台合戦 古戦場跡 大坂.JPG

里見一族が館山から国府台まで勢力をのばして、さらに江戸領域を奪おうと力を広げていた。が、当時、既に、北条家が千葉を広く支配していた。松戸の高城氏、千葉氏、原氏も北条一族に服していた。江戸城にいたのは、北条の城代家老遠山丹波守。

矢切側に城を築いていたのは里見義弘、彼が8000騎を率いて陣を張ると、向かい側の帝釈天側には、江戸城代家老遠山丹波守直景と葛西城の勇将富永三郎右衛門が着陣していた。北条勢は2万人。1/7、両軍は江戸川を挟み対陣した。

大谷口に城のあった高城氏が、矢切の一角に陣を張り、江戸城代家老遠山側に味方したので、小田原から北条氏康、氏政親子が、総大将として、遠山・富永到着前に仕掛けて行った。その後、遠山・富永は自信をもって、江戸川を渡り、里見義弘8000騎に積極的に戦いを進めた。

遠山軍に押されて、里見軍は退却していき、ここ大坂の途中まで北条方が押し寄せてきて、里見軍が坂の上に立ったとき、一斉に討ちかかり、勇将富永三郎右衛門はここで獅子奮迅の戦いをしたが、落馬したところを里見軍が押し掛り、戦死した。それが文学碑のある下の坂道である。

城代家老遠山丹波守直景は、坂下坂川の手前にある「カイカバ曲がり目内野」という場所で、里見側の16歳の少年に打ち取られた。

その日の戦いは、北条側の敗北で、柴又へ引き上げた。その夜、里見側は戦勝祝いで酔いつぶれているところへ、北条軍は忍び寄り、挟みうちの夜襲をかけた。二度目の戦いである。油断していた里見軍はコテンパンに敗れて、市川から中山を経て、安房へ逃れた。その後、再起することはできなかった。

本土寺の過去帳には「コウノ台ニテ上下諸人 遠山殿(江戸城主)正月 其外千余人」と記されている。最終勝利者である北条側の死者は、手厚く葬られているようだ。房総の領有権も里見から北条へ移った戦いであった。

今日はここまで
posted by Yogi at 08:10| Comment(0) | 町・村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。