2010年07月29日

41.佐倉道(新田〜菅野)

前回の続き。

佐倉道に戻り少し戻ると、新田春日神社がある。

写真1:新田春日神社

新田春日神社.JPG

万治元年(1658年)に再建の記録を残す社であるが、それ以前については不明。

暫く進むと新田胡録神社がある。

写真2:新田胡録神社

新田胡録神社.JPG

承応二年(1653年)九月一九日再建の記録のある社であるが、それ以前については不明。境内入り口の脇に斜めになって今にも倒れそうな庚申塔もあった。

写真3:新田胡録神社 庚申塔

新田胡録神社庚申塔.JPG

少し行くと京成菅野駅入り口の標識が。そこを左に入る。直ぐ左手に鎮守の森。平田諏訪神社だ。

写真4:平田諏訪神社

諏訪神社 (2).JPG

往昔、信州諏訪明神を勧請。戦国のころ平田左衛門尉胤俊の尊崇厚く、また古来村中総持として住民に信仰される。昭和三年七月二七日指定村社となる。

それにしても黒松を中心とした森が美しい。佐倉道から続く参道も美しい。

写真5:平田諏訪神社 参道

諏訪神社参道.JPG

そのままこの旧道を進むと京成菅野駅。駅を過ぎると古そうな酒屋さんがあり、その先は黒松が通り脇に植えられている美しい通り。黒松通りと云われている。黒松通りを過ぎバス通りに出て左に行くと、御代院がある。

写真6:御代院

御代院.JPG

この辺りの地区名『菅野』の恐らくは由来である、京都から天慶の乱(天慶3年、西暦940年)の時に、京都から妻を伴い東下してきた菅野氏とその妻の墓標を祀ったのがこの御代院である。
菅野氏の妻は、御代の前といい、容姿が美しかったことから将門の内室になり、将門の出城と言われる大野城に入った。そして内情を探って夫に知らせたところから、大野の落城を早め、将門調伏に功績を立てたといわれている。そのご夫妻は剃髪してこの地に留まり、将門との戦で亡くなった人達の後生を弔いながら亡くなったといわれている。

ここ市川は、将門の伝説が残る地域らしい。面白いことに、ここ菅野辺りは、将門調伏を歓迎する風習が、ここより北の大野地区は将門を崇敬する風習が残るそうだ。

それから、天神様も将門と関係しているらしい。天神様が多いなと感じたはずだ。将門、大野地区は追々調べたいと思う。

さて、御代院から旧道に戻りバス通りを横切って進むと、浄言寺がある。

写真7:浄言寺

浄言寺.JPG

インターネットで調べるも情報無し。将門関連がありそうだが。

更に進むと鎮守の森。白幡天神社。又、天神様だ。

写真8:白幡天神社

白幡天神社.JPG

今よりおよそ800年前の治承4年(西暦1180年)に、源頼朝が下総に入った際、当地に源氏の御印である白旗を掲げたことが御社名の由来と伝えられている。その後、天正12年(西暦1584年)正親町天皇の御代に、御本殿再建の記録がある。現在の本殿は明治13年の造営で、拝殿・幣殿は、昭和36年に鈴木義信宮司の下に造営されたもの。太田道灌により造営されたとか、拝殿の社額は勝海舟の筆によるものだとか、由緒のある神社のようだ。

それにしてもここは非常に美しい森だ。

更に進み、突き当りを左に行くと不動院に出る。

写真9:不動院

不動院.JPG

真言宗豊山派不動院の本尊、不動明王は、天慶2年(939年)、平将門平定のため寛朝僧正が、成田山の明王と同木同作のものをこの地に安置したと伝えられている。また、天正18年(1590年)家康の関東移封のおり、豊臣秀吉はこの本尊に祈念し、のち文禄3年(1594年)秀頼誕生に際して秀吉より寺領を賜ったと伝わるが、安政2年(1858年)の火災で多くの寺宝や記録などが消失したため詳細は不明。

不動院の境内を抜けて県道51号線に出る。暫く進み、旧道を左に折れ平田1丁目で佐倉道に出る。そのまま道なりに佐倉道を横切ると歓照寺別院がある。

写真10:歓照寺別院

歓照寺.JPG

道なりに行くと再び佐倉道に。少し戻り郵便局の先を右に入ると、聖徳太子堂がある。

写真11:聖徳太子堂

聖徳太子堂.JPG

インターネットで調べるも今一情報無し

今日はここまで
posted by Yogi at 21:19| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。