2010年07月04日

33.行徳の地図


より大きな地図で 行徳 を表示

明治初期の地図に重ねるとこうなる。

行徳.JPG

行徳は塩の産地だった為、徳川に保護され、経済が発展し、大いに賑わったということが、現場に行くと非常によく分かる。

寺や神社が多いということは、寄付で成り立つものなので、それだけ寄付が集まった、つまり、人が多く経済的にも発展していたことを表している。

地図を見るとそれが良く分かる。

これは、上記明治初期の地図から、走行軌跡と史跡ピンをはずしたものだ。

行徳2.JPG

江戸川の南岸地域が行徳、相之川から河原まで集落が集まり賑わっていたことを想像させる。一方、周りは水田だらけ。当時は、人がいるところにしか人はいないというか、今はどこにでも満遍なく人がいるが、当時は人がいるところは決まっていたのだとつくづく感じる。でもこれは都市に住む人の感覚かもしれない。田舎に行けば、人がいない地域はたくさんあるだろう。

江戸川の北側に、上今井村、下鎌田村、上鎌田村、前野村と、ポツポツと集落があるが、行徳の比ではない。行徳は後ろに海=塩を控えていた、その差が出ている。

当時の中心地、行徳神明神社をズームupしてみてみよう。

行徳3.JPG

真ん中に、神明社、自性院、大徳寺の文字が見える。南北に抜けているのが行徳街道、神明社のT字路で交差しているのが成田道だ。

神明社から北に目を向けると、稲荷社、正源寺、胡録社、養福院の文字が見える。成田道に目を転ずれば、妙頂寺、徳願寺、法善寺、清寿寺、春日社、妙好寺の文字が見える。今回巡った寺社たちだ。

徳願寺の脇を水色の線が走っているがこれが内匠掘。少し分かりづらいが、妙覚寺の「寺」の直ぐ左を走っている点線が権現道となる。

明治初期という昔の地図に載っているものが今もまだあり、訪れることが出来るというのは非常に楽しいことだ。

以上
posted by Yogi at 10:31| Comment(0) | 地図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

32.行徳(本行徳〜河原)

権現道から成田道に出て、左に曲がり、行徳街道に出る。

行徳街道沿いには、行徳の地名の由来に関わる行徳神明社がある。

写真1: 行徳神明社

行徳神明神社.JPG

大永7年(1527年)金海法印という山伏が、伊勢内宮の土砂を中州(江戸川区東篠崎町辺り)の地に運び、内外両皇大神宮を勧請して、神明社を建立した。金海法印は土地の開発と、人々の教化に努め、徳が高く、行いが正しかったことから多くの人から「行徳さま」と崇め敬われたと言われている。

この神明社が行徳神明社である。

葛飾記によれば、「惣て行徳と名付る事、本行徳金剛院の開山行人よりして起る」とある。
葛飾誌略では、「行徳といふ地名は、其昔、徳長けたる山伏此処に住す。諸人信仰し行徳と云いしより、いつとなく郷名となれりと。云々。其後、此庵へ出羽国金海法印といふもの来たりて、行徳山金剛院といふ。・・・天文11年(1542年)也」とある。

尚、金剛院は、亨保年間(1716〜1736)に廃寺となり、聖観音像を二俣の福泉寺に移している。

行徳神明社の近くには、大徳寺と自性院がある。

写真2: 大徳寺

大徳寺.JPG

東京芝、増上寺の末、元和元年(1615年)建立。かつて、増上寺36世祐天大僧正を通して勅許を得た時の鐘があり、蓮田や塩場で働く人々に時を告げた。

写真3: 自性院

自性院.JPG

小岩にある真言宗善養寺の末、法仙法師により天正16年(1588年)開基。本堂手前右に田中家の小作番頭、秋本九兵衛家の墓所に、勝海舟筆の熊谷伊助慰霊歌碑がある。勝が、「よき友」熊谷伊助の死を悼んで建てたもの。勝の「日記」の中には「松屋伊助」と記されている。伊助は、睦奥国松沢(現岩手県一関市千厩町)の出身で、屋号の「松屋」はこれに由来する。慶応年間に横浜のアメリカ商館の番頭の職を得た伊助は、奉公した江戸の酒屋の縁で行徳出身の妻と結婚したと言われている。

「よき友の消へしと聞くぞ、我この方心いたむるひとつなりたり。」

写真4: 勝海舟筆句碑

自性院_勝海舟直筆の碑.JPG

そのまま江戸川方面へ進む。

暫く行くと稲荷神社がある。

写真5: 稲荷神社

稲荷神社.JPG

下新宿の鎮守、寛永12年(1635年)創建

更に進むと正源寺がある。

写真6: 正源寺

正源寺.JPG

寺の多い行徳で1、2を争う古刹で、文安元年(1444年)正源上人の開基。本堂に盲目弁天といわれる弁天さまの厨子が安置されているが、開基以来開けたことがなく、ご開帳すれば盲目になるといわれている。本尊は、行基菩薩の直作阿弥陀如来像である。

更に進むと、春日神社と胡録神社がある。

写真7: 胡録神社

河原胡録神社.JPG

寛永12年(1635年)創建

写真8: 春日神社

春日神社.JPG

大永7年(1527年)創建

近くに養福院がある。

写真9: 養福院

養福院.JPG

天文19年(1550年)建立

帰りは江戸川沿いのサイクリングロードを一気に戻る。
押切に、水神宮がある。

写真10: 水神宮

水神宮.JPG

先に進む。

サイクリングロードの終わり近くに、今井の渡し跡、旧今井橋跡がある。

写真11: 旧今井橋跡

旧今井橋跡.JPG

江戸名所図会にも描かれている。

江戸名所図会_今井の津頭.jpg

更に進むと香取神社がある。

写真12: 香取神社

香取神社.JPG

当初、江戸川を渡ったところにある上今井村香取神社と上今井村が渡しの権益を持っていたが、正保元年(1644年)の久三郎とイネの事件後、権益が欠真間村に移った。それに伴い、上今井村香取神社をこの地に分社した。

以上で行徳は終わる。長かった。

以上
posted by Yogi at 09:31| Comment(0) | 町・村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。