2010年05月29日

25.長島2

新川を東進し、江戸川との合流点へ。そこから長島川跡の道に入り、長島村に入る。

まず出迎えてくれるのがこの庚申塔だ。

写真1: 庚申塔

100313_庚申塔.JPG

庚申塔があるT字に入ると直ぐ智光院がある。

写真2: 智光院

IMG_0460.JPG

智光院を過ぎ、突き当りを右に折れると正圓寺がある。

写真3: 正圓寺

IMG_0462.JPG

文明年間(1469〜1486年)草創、文亀元年(1501年)中興と伝えられ、境内に笠付角柱型庚申塔がある。

IMG_0463.JPG

山門口を左に入ると、長島高城跡といわれている清光寺がある。

写真4: 清光寺

IMG_0465.JPG

文亀2年(1502年)開山。小田原衆所領役帳に、長島高城の記録がある。又、時代は下り寛延2年(1749年)の青山某が書いた葛飾記には、「ここは昔、長島殿と申す城主の城下の湊のよし」と記録されているところから、この辺りに長島高城があったと推定されている。長島地区のどの辺りか、と云うと、ここ清光寺の周りには、城に纏わる小字名が残っていることから、清光寺がそれであると推定されている。

清光寺を過ぎ、突き当りを左に入り、次のT字を右に入ると、善徳寺がある。

写真5: 善徳寺

IMG_0467.JPG

最初の庚申塔に戻り、長島川沿いに進むと、下今井香取神社がある。

写真6: 下今井香取神社

IMG_0468.JPG

境内に宝永元年(1704年)の年号が刻まれた石碑があり、創建はそれ以前と推定される。

写真7: 下今井香取神社石碑

100313_下今井香取神社1.JPG

そのすぐ隣に称専寺がある。

写真8: 称専寺

IMG_0471.JPG

清光寺の裏手に出る道に左折、清光寺の角で右折すると、400年以上前の創建といわれる旧長島村鎮守、香取神社(旧茂呂神社)がある。

写真9: 香取神社

IMG_0472.JPG

境内入り口の脇には庚申塔も。

写真10: 庚申塔

IMG_0474.JPG

そのまま道を進むと仁平2年(1152年)開山、応永18年(1411年)中興の東善寺がある。

写真11: 東善寺

IMG_0478.JPG

次のT字を左折すると自性院がある。

写真12: 自性院

IMG_0479.JPG

門前には、寛永8年(1631年)銘の観音菩薩庚申塔がある。

写真13: 観音菩薩庚申塔

IMG_0480.JPG

自性院を回り込むように道に入ると長島稲荷神社、梵音寺がある。

写真14: 長島稲荷神社

IMG_0485.JPG

写真15: 梵音寺

IMG_0484.JPG

承和14年(847年)、入唐八家の一人、慈覚大師による創立、寛永3年(1626年)中興の古刹。

承和14年(847年)、唐で仏教の教えを受けた慈覚大師は、唐から船で日本へ帰る途中、ちょうど船が葛西の沖にさしかった時、急に嵐が起こって今にも沈みそうになった。大師は、西方の天を仰ぎ、観音様に『この難儀を救いたまえ』とお祈りし、一心に普門品というお経を唱えたところ風がぴたりと止み、空に紫の雲が棚引き、その中に観世音菩薩のお姿が光輝いて見えたという。大師は早速筆を取り出し、そのお姿を衣の袖に描いた。こうして船は危うく難を逃れ、長島の港に着くことが出来た。

大師は早速"せんだん"の木で観音像を彫り、お堂を建ててこの像をおまつりし、そのお堂を海潮山梵音寺と名付けた。

長島川に戻ると桑川神社がある。

写真16: 桑川神社

IMG_0486.JPG

今日はここまで
posted by Yogi at 12:11| Comment(0) | 町・村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。